コラム travette トラベット - 「夢の街」

森田徹平の社長コラム

travette トラベット

March 2016

夢の街

Frankfurt, Germany

イメージ

「夢の街」

このままじゃダメだ。変わらないと。

藁をも掴む思いで、初めて訪れたのは6年前の同じ頃。
毎年2月に欧州最大の雑貨の祭典が開かれるこの街は、
雑貨を扱う僕らにとって、近くて遠い夢の街でした。

起業してから3年が過ぎたあたり。
早朝から夜中まで、みんなとゲリラ戦のような毎日。

これは食べられるビジネスかな。
とりあえず食ってみようよ。
ダメなら吐き出せばいいじゃないか。

みんなの疲弊を肌でひしひしと感じながらも、
新しい道を拓く術も、先立つものもなく。
どっちにも進めない、何をどう考えても元の場所に戻ってくる。
ただただ、同じ場所に立ち尽くしていました。

こんな毎日から脱したい。

やっと手に入れた経由便のチケットは、片道に24時間。
宿泊していたユースホステルに無料でついていた朝のパンとチーズ。
ランチ用にバッグに詰め込んで、会場までのふた駅の道のり。
電車には乗らず、二人で凍えるような雪の中を、
くだらない冗談を言いながら歩きました。

あれから毎年、この時期にここに来ています。

この街へ帰ってくるたび、あの時の情景が脳裏にフラッシュバックする。
そしてまた、チャレンジャー魂に火を点けてくれるんです。

ページ上部へ